トップに戻る > Knights of RT > 加藤麻紀: Kato Maki - Knight of RT

加藤麻紀: Kato Maki - Knight of RT

krt08.jpg加藤麻紀(カトウマキ)
福井県立大学 経済学部

プロフィール
福井県立大学にて経済学を専攻。

経済政策・財政学・金融論など日本経済に影響を与える政策などについて学んでいる。

専攻は経済だが会社の経営に興味があり、企業論・会計学・原価計算論など経営学科の専門教科を多く受講している。
RT(ラウンドテーブル)02に参加しての感想
今回初めてラウンドテーブルに参加しました。

学校の講義でいろんな企業の方を招いてそれぞれの企業についての話を聞いたことはありましたが、それは大講義室だったのでただ聞いているだけでした。しかし、ラウンドテーブルはすぐ目の前にゲストの方がいらっしゃり、質問をはさみながら話を聞けるので疑問がその場で解決できました。

ずっと私はどんな仕事がやりたいのかについて悩んでいましたが、今回福井新聞社の方とウララの方から「自分がやりたい仕事ができるとは限らない」ということを聞き、何がやりたいかではなく与えられた仕事を精一杯やればいいと考えが変わりました。ラウンドテーブルが終わった後、ギャラリーの方とも話す機会があり、いろんな話を聞く中で自分の持っていた考えが変わったり新しい考えが増えたりと、たくさんの刺激をもらえました。

今回悔しかったのが、聞きたいことがあっても聞けなかったことです。初対面の方と話すことに抵抗はないのですが、ギャラリーの人に見られてると思うと緊張してしまいました。先生の助けで何とか質問ができたので良かったのですが、次回は自分から質問できるように頑張ります!

これからのラウンドテーブルにも参加して、多くの人と話していろんな経験や考えを聞きたいです。



RT(ラウンドテーブル)03に参加しての感想
江守商事の方と坂井市役所の方のお話を聞きました。
ラウンドテーブル03は江守商事の会議室行われ、会社の中に入ることも会社の会議室で話し合いをすることも初めてだったので、ラウンドテーブルの日をとても楽しみにしていました。

今回のラウンドテーブルでは、どのような環境で仕事をしているのかを見られただけでも勉強になったと思います。今回も企業が求める人材の話が出ました。前回と同じ「素直さ」も入っていました。前回も今回も求める人材に「素直さ」が入っていて、企業が素直さを求める理由を聞き、素直であることの大切さを知ることができました。わからない時はちゃんと質問する、文句を言わず頼まれたことは黙々とする。これらを心がけようと思います。

前回と今回参加してみて思ったことは、ゲストの方が私達に話している時の顔が輝いていること。自分の仕事に誇りを持っているということを感じました。私もいつか、そのようになれたらいいなと思いました。ラウンドテーブルを通して、働くことについてこれから考えていこうと思います。